初めての方でも気軽に相談できる、地域に根差した法律事務所です。 「誠実に」「丁寧に」「迅速に」問題の解決に取り組みます。

所属弁護士の紹介

弁護士木村康之

木村 康之 (きむら やすゆき)

 

【経歴】

1983年生まれ
神奈川県相模原市出身

2001年3月 私立桐光学園高等学校卒業

2005年3月 早稲田大学法学部卒業

2008年3月 早稲田大学大学院法務研究科卒業

2008年9月 新司法試験合格(新62期)

2009年12月 東京弁護士会に弁護士登録

2010年1月 新銀座法律事務所入所

2013年1月 東京きぼう法律事務所へ移籍

2013年9月 練馬大泉きぼう法律事務所を開設・赴任

2016年2月 経堂綜合法律事務所を開設

 

【活動・所属団体】

東京弁護士会 所属

東京弁護士会 高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員
東京三弁護士会 障害者等刑事問題検討委員会委員

東京都 障害者介護給付費等不服審査会委員
日本司法支援センター東京地方事務所(法テラス東京)法律扶助審査委員

日本社会保障法学会会員

早稲田大学大学院法務研究科 アカデミック・アドバイザー

東京商工会議所会員

東京中小企業家同友会会員

 

【講演・研修・セミナー等】

2013年7月17日

「成年後見業務における財産管理の「落とし穴」」

(東京弁護士会・夏期合同研究第11分科会) パネリスト

 


【メディア・論文等】

2015年12月  

『都内の「地域密着型」事務所を目指して』

(ひまわり第18号 弁護士奮戦記

-その仕事と暮らし-〔関東弁護士連合会編〕)

 


2016年1月14日 

「加入義務なおざり 大半は中小・零細か 厚生年金逃れ」

朝日新聞〔朝刊〕)

厚生年金未加入問題についてのコメント掲載

 


2016年9月21日 

『心変わりした彼氏が「やっぱり堕ろして」「認知しない」

…慰謝料請求できる?』(弁護士ドットコムライフ

人工妊娠中絶と損害賠償請求についての記事掲載

 


2016年12月14日

『「わいせつ行為好き」死亡女性になりすましSNS投稿、

遺族は損害賠償請求できる?』(弁護士ドットコムニュース 
死者への名誉毀損についての記事掲載

 


2017年11月28日 

『「PCは人から借りられる」生活保護費の返還命じる判決』

朝日新聞〔朝刊〕)

担当事件(東京地判平成29年9月21日)についてのコメント掲載

 


2017年12月25日 

『生活保護法63条に基づく費用返還請求処分について返還の免除を認めなかった処分行政庁の判断に裁量権の逸脱・濫用は認められないとして処分の取消請求を棄却した事例(東京地判平成29年9月21日)の報告』

賃金と社会保障〔旬報社〕1696号)

担当事件(東京地判平成29年9月21日)についての報告記事掲載

 


【ひとこと】

一般民事事件,刑事事件,行政事件,債務整理事件等を中心に,様々な業務に取り組んできました。
依頼者の皆様のお話をじっくりとお聞きし,1つ1つの業務を丁寧に行うことを心がけています。
また,これらの業務の他に,社会保障法分野に関する研究活動や,ロースクール生の学習アドバイザーとしての活動も行っています。
 

 

お問い合わせ
アクセス
地図・アクセス

〒156-0052

東京都世田谷区経堂1丁目

19番12号 遠州ビル402

TEL:03-6432-6964

FAX:03-6432-6974